今度はどこで飲もうかな?
杖を片手に、世界でハシゴ酒
トラベル

上海でのタクシーの乗り方を調べてわかった乗り方と注意点!

[voice icon=”http://urataminami.com/wp-content/uploads/2018/03/profile.jpg” name=”Minami” type=”l line”]絶賛骨折中のCruise Crazy、勝手に略してCruizy(クルージー)のMinamiです。

今度クルーズで中国・上海に行くことになったのですが、海外旅行好きの友人から話を聞いたら、上海での移動手段ってタクシーが多いんですって!

海外で一人でタクシーに乗るとか「ちょっと怖い、怪しい、危険」なイメージがあったので、さっそく調べてみました![/voice]

中国・上海に来ると、移動は公共交通機関を使うよりもタクシーになります。なぜかというと、とにかくタクシーが安いんです。初乗りが14元(約250円)から始まり、それ以降の加算も2.4元(約40円)なので、遠出も大丈夫。友人たちと行く旅行などであれば、タクシーをドンドン活用しましょう。

タクシーの車種と料金を調べてみた。

タクシーの種類?というか車種を調べてみたら、3パターンありました。

セダン型。普通の乗用車タイプの車です。

初乗り(3kmまで)14元(約240円)です。安い!それ以降は1kmごとに2.4元(約40円)加算されていくシステム。私の近所のタクシーは初乗り600円なんですが、、、

ワゴン型。ボックス型の乗用車というべきでしょうか。空港によくいます。

初乗り(3kmまで)16元(約270円)です。安い!それ以降は1kmごとに2.4元(約40円)加算されていく乗用車と同じシステム。大きい車だからって高くないんですね。不思議。

ロンドンタクシー。かなりレアな子です。どこの国に行っても、あまり見たことないですが、、、中国にも用意されてる模様。カッコイイ!乗ってみたい(笑)

ロンドンタクシーの値段は調べることができませんでした。ただ上記の2つを比較しても、そんなに高くないように思います。

深夜料金として、夜中の23時から明け方5時まで30%割り増しされます。ご注意を。

怪しい危険なタクシー、俗言う「白タク」ってどれ?

まずタクシーを選ぶときの注意点ですが、必ず大手のタクシー会社を選びましょう。

「いやいや、初めて上海に行くんだから知らないよ!」と思ったりもしましたが、意外とシンプル。タクシーの色で、大手のか、個人タクシーか、がわかってしまうんです!もちろん、問題が多いとされているのは個人タクシー。

まずは、大手タクシー会社の色から確認しましょう。

以下が、上海の大手タクシー会社です。

  • 大衆:水色の車体 Tel 6258-0780
  • 強生:黄色、黄緑の車体 Tel 6258-1234
  • 錦江:白の車体 Tel 6416-9292
  • 海博:青の車体 Tel 6113-2828

上記に貼ってある色のタクシーに乗れば、まず心配ないはずです。横にカスタマーサービスセンターの電話番号も記載しました。

では、注意が必要なタクシー会社って?

大手の安心できるタクシー会社があるということは、やはり怪しくて危険なタクシーもあるってことです。避けたほうが良い色のタクシーとは、ズバリ赤、えんじ色のタクシーです!!

赤色はわかるけど、えんじ色のイメージがつかなかったので写真を探しましたが、いいのが見つからず。小豆色みたいな感じです。

そのほかにも紺色の車体の藍色聯盟など、たくさんのタクシー会社がありますが

  • 水色:大衆
  • 黄色、黄緑:強生
  • 白:錦江
  • 青:海博

このあたりで選んでおけば、間違いはないようです。

その他に注意することは?

色以外で識別する方法として、ナンバープレートもありました。BXやAXで始まるタクシーは個人タクシーなので、道路などをよほど詳しくない限り、乗らないほうが無難みたいです。

海外と日本は違う!けど、注意をしたら全然怖くない!

調べれば調べるほど、日本は安全だな〜と思いました。そうだからと言って「何もしない」というのは、もったいないですね!

私も海外に何回も行っていますが、いまだにタクシーには乗り慣れません(笑)けれど、せっかく安く乗れる方法がわかったので、現地で実際に試してみます!