一本杖片手に、ひとり旅
足をつけた先は地ではなく、空と海でした
クルーズ

クルーズ旅行初心者必見!乗船前、後にやるべきことを6つをまとめてみた

といちゃん
といちゃん
クルーズ旅行って行ってみたいけど、準備って何をしたら良いか、本当にわかんないんだよね💦

Minami
Minami
そうだよね!じゃあ、私のやってるクルーズ旅行に行く前にしてることを紹介するよ!

私も初めて行ったクルーズ旅行は右も左もわからず、知人の後についていくので精一杯でした。最初はそれでも良いですが、その友人がいなかったら?

荷物のパッキング、ドリンクパッケージ、寄港地、食事、全部考えていたらキリがないですよね。

何をして良いのかわからず寂しく過ごすクルーズ旅行しないためにも、私が実際に初めてクルーズに行って以降やっていることや、私がクルーに聞いてやっていることを6つ紹介します😊

事前に寄港地を全力で調べておこう

食事、エンターテイメント、船室、寄港地、クルーズでは必要なものが全て揃っていると言っても過言ではありません。

Minami
Minami
クルーズカードにクレジットカードを登録したら大丈夫でしょ?

船内はそれで大丈夫ですが、外に出たら?全然、大丈夫じゃないです(笑)

クルーズ旅行と聞くと、船内での遊びのことだけ頭の中に入れがちですが、本当に大事なのは寄港地で何をするか、何ができるかです。

国内旅行ならスマホを使ってなんとかなるかもしれませんが、ヨーロッパなどの海外では?「次の8時間なにをしよう?」と、なりがちです。

クルーズ旅行では船会社は地図を渡して、市街地まで出るバスを用意してくれることもありますが、それ以上のことはやってくれません。あとはどうぞ〜のスタンスなので、それ以降は自分で行動しないといけなくなります。

Minami
Minami
オプショナルツアーつけてるから大丈夫だよ!

そう思っていても、ツアーは短いもので2時間、長いものでも5時間ほどのものが多いです。あとの時間は、、、どう過ごそう?本でも買っちゃう?ということで、本にお金を使ってしまう可能性が高いです。

そうならないためにも寄港地の情報は、必ずGETしておきましょう✨

ドリンクにチップを二重に払わない

日本人はチップを払う習慣がないので、こんなことはなかなかないのですが、欧米人にはよくあることです。

といちゃん
といちゃん
でも海外だとチップって払わないといけないって言うじゃない?でもいくら払ったら良いか、本当にわからないのよね〜。

そうなんです。寄港地での飲食にはチップが必要かもしれませんが、船内ではチップは必要ありません。だって既にチップ込の値段を請求されてますから(笑)

カーニバルクルーズ、ロイヤルカリビアン、ノルウェージャン、コスタ、MSCなどの大型船のほとんどは、自動的に15パーセントのサービス料を請求しています。

よっっぽどサービスが良かった!とかではない限り、チップを二重に払う必要はありません。

軽量の雨カッパを持っていこう

私が最初に行ったクルーズ旅行では奇跡的に雨が降らなかったのですが、4回目のクルーズ旅行でまさかの豪雨に見舞われました(笑)

実際は笑えないレベルで降ってきて、折りたたみカサを持っていたものの破壊されそうでした。カッパを買いたくても、どこで売ってるのかわからず、服をビショビショに濡らしながら船に戻ると、やっぱり他の旅行者も同じようにグッチョリ服が濡れていました。

寄港地では、よっぽどの晴れ男、晴れ女じゃない限り、雨は降ります。しかも豪雨でも仕方がないときだってあります。

なので必ず軽量の雨カッパを持って行きましょう

個人的なオススメは100均のカッパを2枚ほど持っていくこと。あれほど軽量でしっかりとしたカッパはないです。

さらに持っていくものを調べたいときは、こちらの記事も読んでみてください。

あわせて読みたい
クルーズ旅行へGO!持ち物リストを作成しました海外旅行もクルーズ旅行も基本的な持ち物はあまり変わりませんが、あれもこれもと詰めていては膨大な量の荷物になってしまいます。なのでクルーズ...

地味にコツコツ運動をしよう

クルーズ旅行は楽しいです。私はたった1つの問題点以外は、最高だと思っています。

それは、、、20時間食べ放題のビュッフェです😂

クルーズはなんでもあります。特に食べ物には困りません。どこに行っても肉、肉、肉(笑)

でもその食べ物、、どこで消費するんですか?栄養バランスとか考えられますか?私には無理です😂

なので、私はエレベーターの代わりに階段を利用していました。クルーズ船にもよりますが、15階建ての豪華客船と考えると、階段を利用するだけで何キロカロリーかは消費することはできます。

エクササイズが好きなら、船内のジムに行ってみたり、ヨガやティラピスに積極的に参加するのもいいですね!

食べ放題ビュッフェから逃れられないなら、その分カロリーを消費して頑張りましょう🙌

乗船日のビュッフェは避けよう

下船日はクルーズ旅行で一番最低な日ですが、その次に最低と位置づけられているのは乗船日です。

私を含め、ほとんどの人がクルーズ初日は興奮とともに目覚め、港の入国審査で長いこと待たされ、お腹は空腹。

そして一度乗船したなら、みんな一目散にビュッフェエリアにダッシュです。このときのビュッフェはやばいです(笑)

なので私は初日はビュッフェに走らず、無料のダイニングレストランへ行くことをオススメします。(全てのクルーズ船が初日にダイニングを開けてるわけではないので、やっぱり私もビュッフェへ走ってます。笑)

乗船日の船内ツアーを計画しよう

乗船日がどのような状況か、想像したことがありますか?3000人以上の乗客が15階建て以上の豪華客船に一斉に乗り込んでいくのです。なかなか大変ですよね。

私は乗船日に勝手に船内ツアーを計画して、見ることも多いです。

乗船の数日前に、クルーズ船のデッキプラン(見取り図)や掲示板、船のレビューからラウンジ、他のレストランの行き方についての情報を集めて、私自身の船内ツアー計画を立てます。

なので、他の人達が「あれがない!これじゃない!」と言ってるうちに、私は写真をバシャバシャ撮り続けます(笑)

クルーズ旅行は乗船前の準備で8割決まる

私は、クルーズ旅行前に色んな情報をGETして準備して忘備録として、ここへ載せています。クルーズ旅行は楽しいですが、準備が大事です。

ご自分で準備されたくない場合は、ぜひ私に一度依頼をしてください。私の経験から学んだクルーズプランをご提案させていただきます。

なにか質問があれば、お問い合わせからどうぞ😊